概要について

「健康寿命日本一応援店」とは何ですか?

富山県民一人ひとりの健康寿命の延伸のため、外食時における野菜摂取の促進や塩分摂取の抑制といった食生活の改善を目的に、「野菜たっぷり」「減塩」「シニア向け」のメニューを提供する飲食店を「健康寿命日本一応援店」として募集し、ご紹介させていただきます。

対象になるお店はどのようなお店ですか?

富山県内の飲食店を対象としています。また、お弁当やお惣菜の販売店、仕出し料理店も対象となります。

「健康づくり協力店」に参加していますが、「健康寿命日本一応援店」への参加は可能ですか?

「野菜たっぷり」「減塩」「シニア向け」の3つの基準を満たしたメニューの提供があれば、ぜひ、ご参加をお願いします。

登録に際して審査や登録の取り消しなどはありますか?

「野菜たっぷり」「減塩」「シニア向け」の3つの基準についての内容を申込書にご記入いただき、事務局からのヒアリングをもとに登録となりますので、特段の審査はありません。ただし、メニューについて、3つの基準への具体的な取り組みが確認できない場合は、登録をご遠慮いただく場合もあります。

登録基準について

「健康寿命日本一応援店」に登録するためには、どのような基準を満たす必要がありますか?

「野菜たっぷり」「減塩」「シニア向け」の3つの基準について、すべて満たす必要があります。

野菜たっぷり
1食あたり野菜、きのこ類、海藻類150g以上
又は その他野菜摂取量UPの取り組みがあること
減塩
1食あたり塩分3.0g以下
又は その他塩分を控える取り組みがあること
シニア向け
ご飯やめん等の小盛サービスの提供
又は その他高齢者の健康に配慮した取り組みがあること

なお、このほか、任意の基準として、「子供向け」「富山県産食材の使用」があります。

「野菜たっぷり」の基準のうち、「野菜150g以上」の中には具体的に何が含まれますか?

トマト、キャベツ、なす、たまねぎ、ピーマン、きゅうりなどの「野菜類」に限らず、食物繊維の豊富な「きのこ類」や「海藻類」を含めるものとします。なお、果物類やイモ類は、含めませんのでご留意願います。

野菜150g以上の目安がわかりません。

生野菜であれば両手1杯で120g、加熱した野菜であれば片手1杯で約120gです。生野菜であれば両手から、加熱した野菜であれば片手からあふれれば基準をほぼ満たしていると考えられます。(なお、数値がわからない場合であっても、「野菜たっぷり」を推進するための取り組みがあれば登録が可能です。)

その他塩分を控える取り組みにはどのようなものがありますか?

ダシを効かせたり、辛味や酸味などのスパイスを効かせたりすることで、味付けに使う塩の使用量を減らすことができます。醤油や塩の代わりに、米酢、バルサミコ酢、ワインビネガーなどの酢や、レモン、ゆず、すだちの絞り汁で味付けされたものも、減塩を推進するための取り組みとしてあげられます。

「シニア向け」とは、小盛りサービス以外にはどのようなものがありますか?

例えば、低栄養予防対策として肉や魚などをバランス良く使用した食事や、高齢者が食べやすい「やわらか」「とろみ」などのサービスが考えられます。

ご飯やお味噌汁のセルフサービスについても小盛りサービスに該当しますか?

食事をされる方のお好みで量を調節できる取り組みとして、該当します。そのほか、メニューにご飯が「大・中・小」とあるお店や、注文時に伝えれば小盛りにできるお店なども該当します。

12歳以下を対象にした「お子様ランチ」はすべて「子ども向け」メニューになりますか?

カルシウムなど子どもの成長期に特に必要な栄養素に配慮するなど、子どもの健康に配慮したメニューとして提供している場合は該当します(任意基準)。このため、単なる景品付きのメニューなど子どもの健康に特段の配慮のないメニューについては、該当しません。

野菜や塩分の量について、個別具体的に計算してもらうことはできますか?また、その他栄養成分表示についてのアドバイスを受けることはできますか?

登録を希望されるメニューについて、野菜や塩分の量などの栄養成分を算出する場合については、店舗住所地を所管する厚生センター(富山市の場合は、富山市保健所)に直接ご相談ください。

登録メニューについて

例えばどのようなメニューを登録することができるか教えてください。

野菜150g以上、塩分3.0g以下、小盛メニューの基準をすべて満たした定食として、「ヘルシーランチプレート」の提供が例示としてあげられます。また、野菜150g以上を使用した「野菜ラーメン」と塩分を控える取り組みとして醤油の使用を控えた「ポン酢餃子」、ご飯の量が選べる小盛サービスの提供として「半チャーハン」の3つの単品メニューを1食分として組み合わせていただいても登録は可能です。

登録基準の「1食あたり」とはどのようなものですか?

1人あたりの1回分の食事に相当するメニューとなります。例えば、主食・副菜・主菜がそろった定食だけでなく、単品メニューの組み合わせでも登録することができます。なお、取り分けを想定した単品の大皿料理などについては、1人あたりに換算した分量で登録できます。

「日替わり定食」で登録しようと思っていますが、野菜や塩の使用量はその日の料理によって異なりますが、登録できますか?

「日替わり定食」の統一的、継続的なコンセプトとして、「野菜たっぷり」「減塩」「シニア向け」の基準を満たす継続的な取り組みがあれば登録できます。

前日までの予約が必要なメニューや限定販売のメニューでの登録も可能ですか?

可能です。メニュー登録時にその旨を合わせてお知らせください。

登録メニューの提供時間の制限はありますか?

特にありません。ランチ限定メニューや夜の営業時間のみの提供など、営業時間内に利用できるものであれば、登録可能です。

登録特典について

ステッカーや店頭のぼり旗などの啓発資材については追加でもらえますか?

登録完了後、ステッカー、のぼりを1店舗につきそれぞれ1枚ずつお届けします。追加で必要な場合は、その旨お知らせください。ただし、数に限りがあるため、ご希望に添えない場合がございますので、あらかじめご了承願います。